仕事内容と資格について

白衣の男女

診療放射線技師というのは、MRIやCTスキャンを用いて行なわれる検査をサポートする存在のことです。主に病院や歯科医院にて勤務しており、医師の支持に応じて放射線を照射して撮影による検査を行ないます。放射線を使うということで心配になるかたがいるかもしれませんが、診療放射線技師が使用する機材というのは扱い方を間違えなければ人体に影響をおよぼす心配は無いと言われているので大丈夫です。

診療放射線技師はX線撮影というのも担当しています。この撮影方法の特徴というのは、肺に発生する炎症や異物などの有無を調べることができるという点です。肺に以上が発生するとすぐにX線撮影の結果に反映されるので効果的な検査方法だと言えるでしょう。良く健康診断などで胸を機械に当てて撮影を行なったことがあるという方もいるかと思われます。その撮影の際には大半の場合診療放射線技師が機械を操作して撮影を行なっているのです。

診療放射線技師になるためには機械に精通している必要があります。そのためパソコンや機械をいじるのが好きだという方や技術系の勉強をしていたという方がこの職に就く傾向にあります。もちろん機械は苦手だけれども人の役に立ちたいから診療放射線技師を目指しているという方も沢山います。
機械に精通しているという点に加えてもう一つ診療放射線技師になるために必要なことがあります。それは国家資格を取得するということです。そして資格を取得する為にはまず学校で教育課程をクリアする必要があります。そのため診療放射線技師になりたいという方はまず資格を取得する為に学校に通うと良いでしょう。